ドライブレコーダーは必要なの?役立つ場面や導入のメリットを紹介!

最近、悲惨な交通事故や煽り(あおり)など危険運転の被害に会ったニュースがたびたび報道されるようになりました。
そんな時、ドライブレコーダーの映像が証拠となって状況が判明し加害者の迷惑行為などが証明されているのをあなたもご存知だと思います。

ドライブレコーダーとは便利なものとなんとなく知ってはいるものの、実際どんなもので、どんな場面に役立ち、取り付けた方がいいのか、となると、ほとんど知識のない人が多いのではないでしょうか?
今回は、これらについて説明します。是非参考にしてください。

スポンサードリンク

ドライブレコーダーとは?

一般にドライブレコーダーとは、車のフロントガラス(バックミラーの裏)に取り付けて、前方の映像や音声を記録する車専用の装置です。
最近は後方も記録するカメラを備えたものなど、タイプも増えてきています。

どんな時に役立つの?メリットは?

日常で起こらないとは限らない様々な場面で、ドライブレコーダーの記録が私たちを助ける証拠となります。

事故に巻き込まれた!

煽り運転や信号無視などの危険運転で相手に非がある事故に巻き込まれた時、あなたはどうやって自分に非がないことを証明しますか?

相手が責任感の強い人だったり、外での目撃者が正確な証言をしてくれる場合ならまだ救われます。

しかし、たいていの場合はそうとは限りません。

相手も自分を守るために悪くないと主張したり、客観的な証言をしてくれる目撃者がいない場合が多いのです。
たとえ自分に非がなくても、まかり間違うと加害者扱いされるような不利な立場に立つことになりかねません。

こんな時にドライブレコーダーで映像や音声が記録されていれば、たとえ裁判になっても動かぬ証拠として相手を追求し、自分を守ることができます。

当て逃げに遭った!

運転している時は、当て逃げを予測しながらハンドルを握ったりはしません。

当てておいてそのまま逃げる人もいます。

その場ですぐさま車のタイプやナンバーを見届けることは、ほぼ無理でしょう。
そうなると、残されたのは泣き寝入りしかありません。

そんな時に、ドライブレコーダーがあれば、車のタイプ、色、ナンバープレートまでしっかりと記録し、相手を特定できます。

当たり屋(事故を装った詐欺)の標的にされた!

世の中には悪い商売があるもので、わざとこちらの車に当たってきて交通事故を起こし、治療費や慰謝料、物損の修理費など高額の損害賠償を請求する人がいます。

相手は人、こちらは車に乗っているので、相手の非を証明できないと不利な立場に立たされます。

そんな時に自分を守るための証拠として役立つのが、ドライブレコーダーの映像と音声です。

ドライブレコーダーが搭載されるようになって、当たり屋の被害が激減しているとの報告もあります。

車上荒らしに遭遇した!

運転中だけでなく、駐車している時も記録できる「駐車監視録画モード」付きのタイプなら、安心ですね。

これは駐車中でも衝撃や動体を検知して録画されます。

ただし、車上荒らし側がドライブレコーダーの機能を知っていて、証拠を残さないようドライブレコーダーそのものを盗んでいってしまった場合は監視の役割を果たせないことにはなります。

誤認で検挙された!

大きな声では言えませんが、まれに警察の取り締まりで、警察官の勘違いやミスで違反扱いにされる場合もあるようです。

例えば一時停止の場所で間違いなく停止したのに呼び止められ、違反切符を切られてしまう場合があります。
その場で無違反を主張しても、それだけで取り消されることはまずありません。
こんな時に、ドライブレコーダーの記録があれば、違反をしていないことを証明できます。

自分の運転意識が高まる

自分はどんな運転のクセを持っているのか、結構わからないものです。

記録された映像をチェックすることで、

・ブレーキを掛けている場面
・急ブレーキの頻度
・車間距離の取り方

などを知って、思ってもいなかった運転の未熟な面に気づくことができます。

そうすることで、自分の運転を見直し、いっそうの安全運転につなげることになります。

さいごに

以上、ドライブレコーダーの役立つ場面やメリットを見てきましたが、この機器を設置するメリットは結構あると思いませんか?

それなりの機能を搭載したしっかり役立つ装置は少々お値段が張るようです。

しかし万一のことを考えると、決して高い投資ではないことが理解できます。

あなたも自分や家族を守る目的で、そろそろ愛車へのドライブレコーダーの搭載を検討してみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする