早起きの習慣を身につける6つの戦術を実行して、素晴らしい人生を!

前回は、「早起きはいいことづくめ!その習慣を身につけ継続して人生を変えよう」の中で、早起きのすすめをお伝えしました。
人生はあっという間に過ぎていくので、日々のものごとからもっと多くのことを得るために早起きが必要と思っている人は多いと思います。
早起きをして時間をムダづかいから有効活用に変えられれば、人生は充実したものになります。
今回は、早起きをする戦術について紹介していきます。

早起きの大切さ

早起きは人生を変え得る最高の習慣のひとつです。
早朝の2,3時間は新鮮な空気から安らぎを得られ、時間がゆっったりと流れます。
1日の始まりという貴重な時間を一人で自由に過ごすために、ぜひベッドとの戦いに打ち勝ちましょう。
そうすれば、その後の1日を素晴らしい展開で終えることができます。

そのための戦術を3週間続ければ一生が変わる(part 2)ポケット版 最高の自分に変わる80の英知 [ ロビン・S.シャーマ ]から引用して紹介し、説明します。

「早起きの習慣」を身につけるための6つの戦術

早起きをするなら何時を目指したらいいでしょう?
人それぞれの事情にもよりますが、私なら5時をおススメします。

ただ、何ごとも気合だとばかりに「早起きをするぞ!」と意気込んでも、1日か2日で撃沈するのが落ちでしょう。

これまで7時に起きていた人が5時起きを習慣にするためには、それなりの戦術が必要です。
この「早起き」を助けてくれる6つの戦術を先に上げた本から紹介し解説します。

1.夕方7時以降は食べない

寝る時間によっては8時以降の場合もありますが、胃の中に食べ物が残っている状態で床に就くのは睡眠の質を下げることになります。
寝る前にラーメンなんて、ダメです。

心地よく深い質の高い睡眠がもっとも大切です。

2.ベッドの中でぐずぐずしない

あと10分、あと5分と思ってぐずぐずしていると、あっという間に30分、1時間が経ってしまいます。
二度寝はあなたも経験したかと思いますが、その後に待っているのは「しまった!」という後悔です。

目覚ましが鳴ったら、ベッドの中でぐずぐずせず、パッと飛び起きてその日をスタートしましょう。

3.すばらしい体調を保つ

栄養バランスの取れた食事を正しく摂り、週に5,6回の適度な強さの運動をする。
こうしてすばらしい体調でいると、朝の5時なんかいとも簡単に起きられることに著者は気づいたそうです。

いい体調を保つのは、早起きに限らず日々の仕事や生活のあらゆる面にいい影響を与えてくれますね。

4.大胆不敵な目標を設定する

ほとんどの人が早起きをしないのはなぜでしょう?
それはそうする理由が特にないからです。

たまに早起きをするのは、ゴルフに行くとか出張で出かけるなどの臨時だけど目標があるからです。

こんな時は、何としても早起きしようと一時的に情熱を発揮します。
ゴルフに行くという目標の先には、仲間と快適なコースを回って楽しみたいという目的が出来ています。

これと同じように、あなたの人生を素晴らしいものにする大胆不敵な10年先、5年先、1年先の目標を設定します。
これはあなたの心を鼓舞し、奮い立ち、情熱で満たされます。
そうなると、ベッドから飛び起きる起爆剤、原動力としてのエネルギーを吹き込んでくれます。

5.目覚ましを30分早めにセットする

あなたは6時に起きるつもりが、5時半に目が覚めたという経験があると思います。

この時、あと30分あると思わずに、すっと起きたとします。

この30分でいつもはしない瞑想をしたり、読書をしたり、早朝散歩や運動をしたら、なんか得した気分になりませんか?

30分早く起きることを続けると、すばらしい生活が過ごせ、今までとは違った最高の人生を送ることになるでしょう。

6.21日間続ける

NASAから学べることに、「スペースシャトルは地球の周りをまわることで使うより、飛び立つ時の数分の方が燃料を消費する」というのがあります。

最初のすざましい引力に打ち勝ってしまえば、そのあとは楽に飛ぶことができます。

これは、早起きをはじめとしたこれまでの習慣から抜け出すことにも当てはまります

今までより30分、1時間と早く起きるのは古い習慣という引力に打ち勝つことです。

1日や1週間では戦いは終わりません。

しかし、3週間頑張れば、引力圏内を脱出して、早起きが今までになく楽にできるようになっていることでしょう

新たな習慣を身につけるための21日間を今日からスタートし、ベッドとの戦いに打ち勝ちましょう。

まとめ

今回は、

・早起きの大切さ

・「早起きの習慣」を身につけるための6つの戦術

1.夕方7時以降は食べない
2.ベッドの中でぐずぐずしない
3.すばらしい体調を保つ
4.大胆不敵な目標を設定する
5.目覚ましを30分早めにセットする
6.21日間続ける

についてお話ししました。

新しい習慣を身につけられれば、生活が充実し、素晴らしい人生が待っています。

ぜひこれまでの習慣から抜け出し、早起きの習慣を身につれるよう頑張りましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告