衣替は面倒、収納スペース足りない、楽する衣替えの収納方法のコツ!

季節の移り変わりと共に必要な衣替えですが、企業などで行われる衣替えと違って、家庭生活での衣替えでは、収納方法にも様々な工夫が必要で、結構面倒くさいものです。
今回は、衣替えの歴史とともに、家庭でのスムーズな衣替えのための上手な収納方法・スペース確保について、お悩み解決のコツをご紹介します。

衣替えはいつから始まった?

毎年6月1日と10月1日になると、企業や公官庁、学校などで制服着用の場合は、夏服と冬服を一斉に衣替えする光景が見られます。日本列島の南と北では気候が異なるので、半月から1ヶ月程度の時期のずれはあります。

衣替えの習慣はいつから始まったのでしょう?

その始まりは平安時代の宮中行事にさかのぼります。

衣替えはもともと、中国の風習にならって始まった習慣です。

旧暦の4月1日と10月1日に夏衣と冬衣を着替えると定めました。

江戸時代には幕府への出仕に際し、年4回衣替えをすることが制度化されました。

明治時代になると、役人・軍人・警察官の制服として洋服が採用され、6月1日から夏服、10月1日から冬服と定められました。

この制度がしだいに官公庁・企業・学校にも広がり、毎年6月1日と10月1日に衣替えを行うようになりました。

現在の和服の衣替えは、

6月1日から単衣(ひとえ)、7月1日から薄物(うすもの)、9月1日から単衣、10月1日から袷(あわせ)

となっています。

衣替えのお悩み問題点解決法

このように衣替えは公官庁や会社など仕事をしている人に関係した行事だったのですが、現在では、私たちの普段の生活の中でも、季節の移り変わりに合わせて着るものを切り替えていくことを衣替えと呼んでします。

普段の生活での衣替えとなると、私たち一人ひとりがする必要があるので、いろいろと面倒なことや問題点が出てきます。

そのお悩み問題点解決の4つの方法を紹介します。

1.衣替えのたびに次の季節の衣類を探し回る

「さあ、これから夏だ」とか「まもなく冬がやって来る」などの時期になると、あちらこちらの収納ケースから洋服をその日の用途に合わせて引っ張り出して着たりすると、時間と手間が掛かり、大変です。

どこに何が入っているか見やすく探しやすい収納なら、そんなことはなくなります。

・半透明の収納ケースを使う。

・収納ケースにラベリングして中身を表示する

などをすれば、どの季節のものかすぐわかります。

収納ケースの中も、同じ季節のものであっても衣類の種類別に分けて置くようにすれば、さっと取り出せます。

特に、下着や靴下などの小物はまとめて収納するようにします。

できたら、これらはタンスの中の方がいいですね。

2.面倒な衣替えをさっさと簡単に済ませるには

収納には、

・これまでの季節で着てきたものをしまうオフシーズンのための「しまう収納」と、

・これからの季節で着るものをしまうオンシーズンのための「使う収納」

の2種類があります。

春夏ものと秋冬ものなど、まず、この2種類をしっかり分けることが基本です。

その上で、押し入れ内の収納ケースの置き場所を使いやすいように分けます。

押し入れの奥行は、普通の衣装ケースを横長方向にして、前後2列入る深さがあります。

長手方向が開く収納ケースの場合、「しまう収納」のケースを奥側に、「使う収納」のケースを手前に置くようにします。

次の衣替えの季節が来たら、前後を入れ替えます。

短い側が開く収納ケースの場合は、わざわざ長手方向が開くタイプを購入するなんてもったいないことをshる必要はありません。

こちらは2つの方法があります。

1つは、収納ケースに奥行きがありますので、同じ収納ケース内で前後に分け、奥側を「しまう収納」、手前を使う収納」として使います。

もう1つは、押し入れの扉の左側に「しまう収納」、右側に「使う収納」の収納ケースを置きます。

1つ目は同じ収納ケース内で使うものとしまうものが混ざってしまう恐れがあります。

その場合は、2つ目を採用します。

衣替えの季節が来たら、押し入れの右と左を使い分けることになります。

3.洋服がいっぱいで、もっと収納スペースがほしい

じゃあ、「収納ケースを買ってこよう」とか、「こちらの部屋も使おう」とか、安易に考えてはいけません。

これには2つの問題点があります。

1つ目は、必要以上にモノが多いことです。

何年も着ていない、これからも着る予定がない服はありませんか?

衣替えはいい機会です。いるもの、いらないものをより分けて、処分しましょう。

程度がよければリサイクルショップやネットで売ったり、必要としそうな人にあげましょう。

そうでないものは、思い切って捨てましょう。

2つ目は、収納スペースを有効に使っていないことです。

押し入れに収納ケースを入れても、上の方に隙間がいっぱいできていませんか?

収納ケースのサイズが不ぞろいだったり、押し入れの上下の仕切りと収納ケースとの間に中途半端な隙間ができたりすると、その隙間を放置したり、適当にモノを置いたりして、有効活用になっていません。

數納ケースのサイズ、特に高さはほぼ同じに揃えて置くようにします。

収納ケースの上に収納ケース1個分には足らない隙間ができた場合は、高さが低めの収納ケースを思い切って購入して、使うようにします。

同じタイプの収納ケースでも、S・M・Lのサイズ違いがあれば、使い勝手のよい収納ができます。

4.季節家電の置き場所に困る

衣類収納の場合は収納ケースを上手に使うことで、結構押し入れの中を有効に活用できます。

季節ごとに出し入れする家電などの収納も、ちょっとした工夫をすることで、上手に収納できます。

押し入れには衣類の収納以外に、季節で使い分ける布団や毛布などの寝具も収納します。

寝具だけでピッタリ収まる場合と、中途半端に寝具の上にスペースができてしまう場合があります。

このスペースを家電収納スペースとして活用します。

といっても、寝具の上に家電を置くのではなく、その反対にします。

高さを調整できる組み立て式の押し入れ用ラックを使い、ラック内に家電製品を入れます

そのラックの上に寝具を置きます。

まとめ

今回は「衣替は面倒、収納スペース足りない、楽する衣替えの収納方法のコツ!」と題して、

・衣替えはいつから始まった?

・衣替えのお悩み問題点解決法

 1.衣替えのたびに次の季節の衣類を探し回る

 2.面倒な衣替えをさっさと簡単に済ませるには

 3.洋服がいっぱいで、もっと収納スペースがほしい

 4.季節家電の置き場所に困る

を説明しました。

これらを参考に収納の悩みを解決して、できるだけ時間と手間の掛からない衣替えで快適な暮らしを楽しみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告