父の日プレゼント、あげない、いらない人がこんなにも!本音はどう?

母の日と違って父の日のプレゼントに悩んでしまう人も多いと思います。
ある調査によると、父の日にプレゼントをあげない子供、「何もいらない」という父親が結構いる結果になりました。
父親の本音はどうなでしょう?探っていきます。

父の日プレゼントしない人が約5割も!

父親にネクタイを贈っても、親子でセンスが違うので、喜んでくれるとは限りません。

そうなると、何を渡していいのか、そもそも欲しくないのかわかりかねます。

そこで、楽天市場が子供側260名(20~40代)を対象とした調査の結果を紹介します。

父の日にプレゼントをしていますか?

・毎年している :103人(39.6%)

・2,3年に1度 : 34人(13.1%)

・したことがある: 68人(26.2%)

・したことがない: 55人(21.2%)

毎年父の日にプレゼントをしている人が4割、2,3年に一度を合わせると、53%と5割強であることがわかりました。

逆に、少なくとも現在はしていない人が47%とこちらも5割弱となっています。

半数近くの人は父の日にプレゼントを贈っていないのですね。

別の調査では、インターネット企業のアイブリッジが20代以上の男女1,000人を対象に、子供側としてアンケートを取りました。

結果は、送る予定なしが54.3%で半数強を占めました。

楽天の調査と合わせても、約半数前後の人は父の日プレゼントをしないという結果です。

一方、エスビーが6歳~18歳の子供を持つ男性(父親)500名を対象に実施した調査では、42.2%がプレゼントをもらったことがないと回答しました。

楽天やアイブリッジとエスピーとでは子供の対象年齢が違うので一緒にはできませんが、それでも4割~5割の父親は、父の日プレゼントをもらっていないということです。

父親の存在感の無さの表れなのでしょうか?

「何もいらない」と言う父親の本音は?

父親に対して同じくアイブリッジの調査結果です。

■父の日プレゼントは何が欲しいですか?

・何もいらない:34.7%

・家族で外食 :10.5%

・趣味のグッズ:9.6%

35%の父親が「何もいらない」と言っているのです。

「何もいらない」という父親の本音をアンケートで聞き出すのは容易ではありませんが、別の調査から推測できます。

エスビーの調査の中で、「子供からしてほしいと思うこと」という結果です。

最も多かったのが、

息子からしてほしいこと、

・手書きの手紙をもらう:34.0%

娘からしてほしいこと

・手書きの手紙をもらう:41.6%

ともに、2位の

・一緒に食事

を7,8ポイント離してダントツの1位なのです。

この1位の「手紙をもらう」はお金のかからないことです。

父親の多くは、「何もいらない」という裏には子供を思いやる気持ちが潜んでいるのです。

・特別なものはいらない。気持ちさえあれば。

・子供たちが元気で幸せに生きてくれればそれが一番。

・お金を使わせてたくない。

・欲しいというのは恥ずかしいので、とりあえず「何もいらない」。

「何もいらない」

と言われたら、こんな父親の気持ちを推し量って、お金を掛けずに心のこもったものやことを贈ってはいかがでしょう?

その意味でも、「子供からしてほしいと思うこと」として1位になった

「手書きの手紙をもらう」

は素晴らしいプレゼントではないでしょうか?

最近の父親は、年配の人でも結構スマホを持っていますね。

その場合はメールやLINEで心を込めてメッセージを送ってあげてもいいのではと思います。

もちろん、手書きがベスト!に違いありません。

まとめ

今回は、「父の日プレゼント、あげない、いらない人がこんなにも!本音はどう?
」と題して、

・父の日プレゼントしない人が約5割も!

・「何もいらない」と言う父親の本音は?

についてお伝えしました。

「何もいらないよ」と言っている父親ほど、心のこもったことをしてもらうと感動するものです。

感謝の気持ちのこもった手紙なら、最高です。

お金を掛けないで出来ることがあれば、ぜひしてあげて喜んでもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする