コーヒーとはちみつの意外な相性!美容・健康、咳にも凄い効果が!

コーヒーをブラックで楽しみ人もいますが、適度な甘さがあった方が飲みやすいという人も多いと思います。
砂糖を加えるのが一般的ですが、美容・ダイエットや健康のみならず咳にも効果が期待されます。
今回はコーヒーにはちみつを入れる効果について紹介します。

はちみつコーヒーとは?

コーヒーに甘さを加える場合、砂糖の代わりにはちみつを入れる人も結構います。

それがはちみつコーヒーです。

私も、砂糖(特に白砂糖)は健康を考えるとよくないという話を聞いてから、もっぱらコーヒーにははちみつを入れて飲んでいます。

古くからスペインではコーヒーにはちみつとミルクを入れた「カフェ・コンレーチェ」という飲み物を飲んでいました。

大手のコーヒーチェーンでもはちみつコーヒーが人気になっています。

コーヒーにはちみつを入れる効能

はちみつ単独の効能

はちみつ単独で多くの栄養素が入っているので、それだけでも身体にいい食べ物です。

はちみつはビタミン、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、80種類の酵素など100を超える多くの栄養素を含みます。

ビタミンB1はストレス解消や疲労回復の働きがあります。

ビタミンB2は女性に嬉しい髪のばさつき、肌荒れを防いだり、ニキビにも良いようです。

ミネラル類は体調を整えます。

コーヒーにはちみつでダイエットや美容に効果

コーヒーに含まれているカフェインは、体脂肪を燃焼させます。

はちみつ新陳代謝を促し、保湿力もあります。

さらに甘さが欲しい場合、はちみつはカロリーが砂糖の80%なのに甘さは5倍もあるので、使う量も砂糖に比べて少なくて済みます。

これらの理由で、コーヒーとはちみつを共に摂ることで、ダイエットや美容などに良い相乗効果が期待できます。

コーヒー+はちみつは咳に効果

咳には薬局で売っている咳止めが一般的です。

ところが、咳止めの薬を飲んでもなかなか止まらない咳にはちみつコーヒーが効果的らしいのです。

イランの大学病院での実験で、はちみつコーヒーを飲むと、咳止め薬を飲むよりも咳をする回数を大きく10分の1に減らす効果があることが確認されているそうです。

同じく、その実験で、コーヒー単独やはちみつ単独でも咳に効果があったのですが、はちみつコーヒーの方がさらに効果があったと報告されています。

コーヒーに含まれるカフェインにはのどの痛みを和らげる抗炎症作用があります。

はちみつの中でもマヌカハニーは特にのどの炎症や腫れを抑えるのに効果的と言われていますが、普通のはちみつでも程度の差は有れども同様な効果があるのではと考えられます。

はちみつとコーヒーそれぞれの効果が合わさって、相乗効果が出ていると推測します。

まとめ

コーヒーにはちみつを入れる効果について、

●はちみつコーヒーとは?

●コーヒーにはちみつを入れる効能

・はちみつ単独の効能

・コーヒーとはちみつでダイエットや美容に効果

・コーヒー+はちみつは咳に効果

をご紹介しました。

美容、健康、ダイエットや特になかなか止まらない咳にも効果があるのは嬉しいですね。

日ごろは美容、健康、肥満を抑えるダイエット効果を期待して、はちみつコーヒーを楽しみましょう。

咳止めが必要ないざという時にも、はちみつコーヒーをぜひ試してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする