モンドセレクションとは何?最高金賞って本当に価値あるの?

CMなどで「モンドセレクション金賞受賞」などと謳って食べ物や飲み物を紹介する場面をよく目にします。
その商品になんとなくいい印象を持って、さらに安心感も感じて買ってみようかなという気持ちになりますね。
そもそもこのモンドセレクションとはどんな賞でどんな価値があるのでしょう?
権威やブランドに弱い私たち日本人ですが、モンドセレクションについてもよくわからないままに信用しているところがあります。
今回はその本当のところを探っていきます。

スポンサードリンク

そもそもモンドセレクションってどんな賞?その歴史と内容は?

モンドセレクションは少なくとも日本では食品や飲料関係など、消費者向けに販売されている製品を対象とした賞では有名な賞の部類に入ります。

モンドセレクションは1961年にベルギーで設立されました。

2018ワールドカップロシア大会決勝トーナメントで我が日本を破ったあのベルギーです。

モンドセレクションの各賞を受賞している製品は、品質的に優れているとされています。

モンドセレクションの賞の種類

最上位:優秀品質最高金賞

2 位:優秀品質金賞

3 位:優秀品質銀賞

4 位:優秀品質銅賞

の4つのランクになっています。

応募条件

・対象製品は市場に出ている物

・必要書類(英文)とサンプルの提出

・応募費用(1150ユーロ=約14万円)の支払い

だけで、とても簡単です。

受賞の数に制限なし

つまり、「優秀品質最高金賞」は上位1製品とかの制限がないのです。

「優秀品質最高金賞」に値する品質であれば、何製品でも最高金賞を受賞することになります。

アジアでは年に約2000製品がモンドセレクションの各賞を受賞しているそうです。

しかも、賞の有効期間は3年です。

なので、あれもモンドセレクション受賞製品、これもそう、という感じなのですね。

モンドセレクションはどんな審査で評価するの?

対象となる製品はなに?

以下の6つのカテゴリーが対象です。

・食品

・スピリッツ&リキュール

・ビール、水&ノンアルコール飲料

・化粧品&トイレタリー製品

・ダイエット&ヘルス

・インターナショナル ワインコンテスト

何をどう評価するの

食品だったら

・味、香り、食感

・内容成分

・パッケージ(記載事項も)

・使用説明書

などが評価の対象になります。

評価基準は20にもなり、公平を期するよう工夫されています。

誰が審査するの?

審査員には対象分野での知識と経験のある専門家が当たります。

国際的に評価の高いシェフ、栄養学者、大学教授、食品製造の専門家などです。

内容を深く知るために、公的試験機関に分析を依頼することもあります。

どこの国がいくつぐらいモンドセレクションを受賞しているの?

モンドセレクションのホームページ記載の各データを紹介します。

2018年の応募状況

92カ国から応募があり、2820点の応募製品に対して専門家の評価がなされました。

その結果、973社に対して品質を称える賞が贈られました。

この中で、大陸別に最も多いのは、

・国数:ヨーロッパ、27/90カ国

・企業数:アジア、759/973社

・製品数:アジア、2051/2584製品

それぞれの賞をいくつの製品が受賞したの?

・優秀品質最高金賞:407製品

・優秀品質金賞:1350製品

・優秀品質銀賞:672製品

・優秀品質銅賞:155製品

優秀品質金賞が1350製品ともっとも多く、金賞のオンパレードの感があります。

どんな製品カテゴリーの受賞が多いの?

受賞数の多い順に3位まで紹介します。

1位:食品、852製品

2位:ビール、水&ノンアルコール飲料、516製品

3位:ダイエット&ヘルス、436製品

このカテゴリーの製品がたのカテゴリーよりも優れていたということではなく、応募数が多かったということがこの結果になっていると推測します。

インターナショナル・ハイクォリティー・トロフィーもあるよ!

「優秀品質金賞」または「最高金賞」を3年連続で受賞するとこの特別なトロフィーが贈られます。

スピリッツ&リキュールや食品など各カテゴリーで日本の企業が最も多く、健闘しています。

インターナショナル ワインコンテストはどこの国が受賞しているの?

ワイン好きの人ならちょっと気になる結果を紹介します。

「インターナショナル ワインコンテスト」で受賞した17カ国をABC順で紹介します。

アルゼンチン、オーストラリア、ブルガリア、カナダ、チリ、エジプト、フランス、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルグ、メキシコ、ポルトガル、ルーマニア、ロシア、南アフリカ、スペイン、アメリカ合衆国

いずれも金賞または銀賞です。

受賞製品数は、

1位:ポルトガル、28製品

2位:フランス、20製品

2位:イタリア、20製品

の3カ国がダントツで多く受賞しています。

さすがワインの本場の国と言えますが、なぜかドイツが見えません。

まとめ

以上のように、各カテゴリーで優秀な品質の製品にモンドセレクションの各賞が与えられています。

ということは、モンドセレクション受賞製品は、品質的には安心だと言えそうですね。

ただし、世界で1番になったということではありません。

また、モンドセレクション受賞の食品や飲み物がそうでないものと比べて美味しさをを保証しているということではありません。

品質的には安心なので、食品であれビールであれ各種飲料であれ、自分の好みに合えば手に入れて食べたり飲んだりするのはいいのではないでしょうか?

また、日本の製品が多く受賞しているということは、日本の企業がモンドセレクション大好きということですが、日本製品は品質が良いということも言えますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする