クレジットカード使い過ぎて払えない地獄の恐怖から脱出する方法2

クレジットカードの支払いが延滞になると、カード利用がストップされ、延滞金が発生し、信用情報に記録され、最悪ブラックになってカードの更新や新規発行が出来なくなります。
ではこのような状態になる前に、それを回避するには、どうすればいいでしょうか?
延滞しそうになった時に切り抜ける方法、前もって避けることなど、予防する方法についてお話します。

前回は「クレジットカード使い過ぎて払えない地獄の恐怖から脱出する方法」の1番目として、「クレジットカード支払い延滞で待っている恐怖とは?」についてお話ししました。

今回は下記の中から2の「クレジットカード支払い延滞を切り抜けるには?」について説明します。

1.クレジットカード支払い延滞で待っている恐怖とは?

2.クレジットカード支払い延滞を切り抜けるには?

3.クレジットカード使用でこれだけは避けるべき

4.クレジットカード支払い負担を軽減するには?

5.クレジットカードの使いすぎを防止するには?

クレジットカード支払い延滞を切り抜けるには?

クレジットカードの引き落し日が迫ってきているにもかかわらず、いろいろな事情で手元にお金がなく、また給料日まで日数もあり、延滞しそうになったら、どうしたらいいでしょうか?

こんな時の緊急対応として取れる手段にはどんなものがあるか考えてみましょう。

自分でお金を用意する

これができればいうことはありません。

・両親、親戚、友人、同僚からお金を借りる。

・自宅にある物をリサイクルショップやネット上のフリーマーケットで売る。

・コンビニやファストフード店など夜のアルバイトで副業をする

私はスマホのアプリを使ってネット上のフリーマーケットで、当面不要なものを売って、結構お金に変えました。

可能性があれば、ぜひトライして、お金を用意しましょう。

しかし、これで間に合わないこともあります。

・お金を借りる当てがない。

・お金になるものがほとんどない。

・本業が忙しい、あるいは夜働けない。

などの場合どうすればいいでしょう?

アルバイトにしても、年齢や職業によって、そう簡単にできるものではありません。

また、これらの方法は、場合によっては周りの人からの信用を失ったり、無理して身体を壊したりもしかねません。

そうなるのなら、誰にでもおススメできる方法ではありません。

切羽詰まったらこの手で切り抜けよう!

この手とは、一見誰もが引いてしまいそうな方法、そう、

“カードローン”

です。

延滞を避けるためにカードローンを緊急避難策として一時的に活用するのです。

カードローンは以前、不正や厳しい取り立てがマスコミでも話題になり、良いイメージを持っていない人もいると思います。

しかし、現在では少なくとも名の通った(聞いたことのある)主要な会社なら、そんなに心配することはありません。
カードローンの利用者は成人の1割以上に上ります。

クレジットカードの使いすぎと同様、生活費やぜいたく品の購入などで日常的に狩りまくるのなら、借金地獄になり大問題です。

そうではなく一時避難的に使うのなら、それは賢い利用といってよく、これほど強い味方はありません。

カードローンの借入利率は会社によって違いますが、年3.0%~18%が前後で、高いなあと感じるかもしれません。

仮に10万円借りたら年18%の場合、月1500円程度になります。
これなら、まあまあと感じるのではないでしょうか?

しかも、返済額は借入額によって異なりますが、毎月5000円、1万円など、1000円以上から決めることができます。
支払っていくと共に元本が減っていくので、毎月一定の返済額の中で、利息分が少なくなっていきます。

店舗まで行かなくても、担当者と話をしなくても、スマホやPCを使ってWEB上で申込から審査まで終わらすことができます。

融資は即日で、あなたの口座に振り込まれます。

さらに、利用するのが初めてなら、30日間無利息サービスの会社もあります。

各社によって違いがあるにせよ、50万円以下なら収入証明書不要などのサービスも設定しています。

お金に余裕が出来たら、残金をまとめて返済することも出来ます。

かく言う私も、今は返済し終えていますが、一時的に利用しました。

くれぐれも申しておきますが、私はカードローン会社とは無関係な人間です。

が、延滞の回避など、必要な時と場合によってはカードローンを賢く使うことをおススメします。

但し、毎月きちんきちんと返済できるよう借入金額、返済金額を決めて下さいね。

次回は、

3.クレジットカード使用でこれだけは避けるべき

4.クレジットカード支払い負担を軽減するには?

についてお話します。

楽しみにしていてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告