「片づけの習慣化」はメリットいっぱいで人生が好転!その理由とは?

「片づけ」が習慣化すると私たちの人生に様々なメリットがあります。
それらは、単に部屋がきれいになって気持ちがいい以上のいい影響をもたらしてくれます。
今回は「片づけの習慣」を身に付けることで得られる数々のメリットについてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

「片づけ」でストレスフリーになる

職場や家庭の中が片づいていないと、雑然とした状況が目に入り、気が散ってイライラします。
目から入った光景がストレスを与え続けることになります。

きちんと片付けができていると、ストレスフリーになるので気分もスッキリし、頭の中もクリーンな状態になります。

そうすると、自由な発想がしやすくなって、いいアイデアが湧き出てきて、仕事でも生活面でも持てる力を最大限発揮できるようになります。

今回も、「たった1分で人生が変わる片づけの習慣 [ 小松易 ]」からの引用を交えて説明します。

「片づけ」で時間とお金のムダを省ける

身の回りが雑然とした状態では、使いたい時に使いたい物がなかなか見つからないことがよくあります。

必要な時に必要なものをささっと取り出して使うことができません。

このために、なんと多くの無駄な時間を使うことでしょう。

これが、整理整頓ができていると、状況は一変します。

職場では必要な資料を一瞬で取り出し、作業に取り掛かることができます。

家庭では、鍵や小道具をサッと取り出し、行動することができます。

よく、探しているものがすぐ側にあるのに、なかなか見つからないという経験をしたことがあると思います。

しまうべき定位置が決まっていて、そこに置いていれば探し回ることもありません。

ぽっとそこら辺に置いてしまうから、こうなります。

この探し回ることに費やされる時間が積み重なると、結構な時間のロスになります。

一方、いつも片づいていると、何がどこにあるか、どんなものがあるかを把握しやすくなります。

そうすると、無駄なものを買ったり、重ね買いをしなくなります

このことはお金のムダを省くことになります。

このように、「片づけの習慣」を身につけると、時間とお金のムダが省けるのです。

「片づけ」でコミュニケーションがよくなる

家庭では、あなた一人が「片づけの習慣」を身につけて片づけを続けても、つぎつぎと家族が散らかしてしまっては、整理整頓ができた状態は実現しません。

家族みんなで協力して「片づけ」に取り組んでこそ、きれいな状態が維持できます。

そうはいっても「うちの子はなかなか片づけようとしないのです」という家庭も多いのが実情でしょう。

では、どうすれば協力し合う状況を作れるのでしょう?

「協力してやろうよ」と言っただけでは、協力し合う状況はなかなかできません。

そのためにはまず、あなたが率先して「片づけ」を実行し、模範を見せるようにします。

そうすると、それが周りに影響を与えていき、協力するようになっていきます。

そうなると自然と家族間での会話が増えていき、コミュニケーションもよくなっていきます

職場では、まずあなたのデスクがいつもきれいになっていれば、まわりの人も影響を受けて見習うようになります。

共通の資料整理は共同で行います。

また、仕事を効率的に行えるよう、5Sなどの整理整頓の活動は、全員参加で行われます。

これらは当然社員が協力して行うことなので、普段あまり話さない人とも会話の機会が増えたりして、コミュニケーションがよくなります

家庭も会社もコミュニケーションがスムーズにとれるようになると、人間関係もよくなります

まとめ

今回は、片づけ終えてもすぐに元の散らかった状態に戻ってしまう原因とその対処法を

・「片づけ」でストレスフリーになる

・「片づけ」で時間とお金のムダを省ける

・「片づけ」でコミュニケーションがよくなる⇒人間関係がよくなる

に分けて、お伝えしました。

このように「片づけ」をすることでメリットをいっぱい得られると、人生も好転していきます。

あなたはどれに一番メリットを感じますか?

これからも「片づけの習慣」について説明を続けて行きますので、お楽しみに!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする